昨夜は四谷の『ただ野』さんで美味しい焼鳥を堪能して来ました。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

一昨日から不調だったノートパソコンを初期化しようとしたら
1時間経っても1%も初期化が進捗していなかったので
昨日はブログの更新や記事を書くのをあきらめて
飲みに行くことに。

大体一人で飲むときはこちらの四谷の名店の
『鳥料理・ただ野(食べログ情報クリック)』に伺います。

午後に予約の電話を入れたらまだ席に余裕があるとの
ことでしたので、開店時間に予約です。

このお店は食べログでこそ評価が低い?
ものの、実際には予約がなかなか取れないというか
いつも混んでいる四谷の焼鳥の名店です。

ボクも、この前2回ほど予約出来なかったほどのお店ですので
食べログの情報って、やはりあまりあてにならない。

口コミが多くて点数の高い店は確かに美味しいし
外れのお店は少ないと思いますが、基本的にお値段が
高い店の評価が高い。

誰しもが思うのは高くて美味いのは当たり前なので
そういった意味で考えると、こちらの『ただ野』さんは
良心的な価格設定で、しかも非常に美味しい。

食べログでの評価や口コミが少ないのは、お客さんの
層がそういう方々でないのと共に、お客さん自身が
そういったところに口コミなどを投稿することにより、
今よりも混んでしまっては困ると考えているお客さんが
多いせいだと思っています。

ボクもその一人でお気に入りの店の評価などは
したいとは思わないし、点数などを付けられるものではない。

そういった部分もあって、食べログでの評価が
低いのだと思うし、口コミも少ないのであると推測されます。

ただ少ない投稿の中で点数が3.38というのは
ある意味非常に高い得点だとも思いますか?

このお店は大人数でワイワイ飲むよりも、一人ないし
三人ぐらいでしっぽり飲むのに適しているお店で
あまり長居をする店でもないですし、サクッと飲んで
食べてお会計っていうのが、こういうお店の基本ですか?

昨日は開店時間に予約をしていたものの、開店直後に
お店に行っても、仕込みの量が多いからか、大体
焼鳥を焼き始めるのは開店から15分後ぐらいなので
ボクはいつも5時半開店なのですが、いつも5時40分
ぐらいに入店します。

そうするとちょうど良いタイミングでお通しを食べて
生を一杯のんで、焼酎に切り替える頃に、最初の一串めが
出て来るという感じです。

では昨日のボクの食べた焼鳥の数々を画像付きでどうぞ~!?

先ずはささみのワサビ乗せ・塩焼き。

白レバー塩焼き。

レバーたれ焼き。

ハツ塩焼き。

砂肝塩焼き。

そしていつも飲んでいるのはメロー小鶴というブランドの
米焼酎の梅干し・炭酸割りです。

これは余談ですが、この梅干しがただの梅干しでは
なく、非常に美味しい梅干しで、今は合併してしまった
製薬会社の子会社で作っている、特殊な梅干しです。
多分amazonで売っているこのどれか?ですが、結構
良いお値段の梅干しをこだわって使用しているところが
また良いですね。

そして焼き物の途中でお口直しにサラダをいただくのですが
このサラダのドレッシングが自家製で非常に美味しいのです。

昔はこのドレッシングだけ飲んでいたこともあるぐらいに
美味しいドレッシングです。

そしてもも味噌焼き。

うずらの卵・塩焼き。

このうずらの卵は半熟で中がとろっとしていて
非常に美味です。

そしてねぎまです。

このねぎまも鳥肉とネギの相性が非常に良い逸品で
非常に美味しい焼鳥です。

そして、このお店でボクの一番大好きなだんごです。

普通のお店はだんごって言わないでつくねって言いますが
食べてみるとわかりますが、本当にだんごです。

もうそれ以上でもそれ以下でもなくただ、ただ、だんごです。

もう肉汁が滴ってくるぐらいに素晴らしい焼き加減で

提供されるのがいつもうれしい逸品です。

そして皮の塩焼きです。

よく焼鳥で皮の苦手な方って多いと思いますが
こちら、ただ野さんの皮は一味も二味もちがいまして
一つの串に皮がぎっしりと刺されていて、カリカリに
焼いてくれますので、あの皮が嫌っていう人が想像する
ぐにゃぐにゃとした皮の焼鳥とはまるで別物で、
今まで皮を食べられなかった方も、こちらただ野さんの
皮は食べやすいと評判の逸品です。

そしてぼんちりです。

これはネギと一緒にいただくことで、ぼんちり自体は
かなり脂っぽい部位ですが、意外にさっぱりと頂ける逸品です。

そして手羽の塩焼き。

その後は個人的には手羽の塩焼きも非常に美味しいのですが
その斜め上を行く手羽のたれ焼きです。

〆は厚揚げです。

この厚揚げも非常に美味しい逸品で、スーパーの
厚揚げとは一線を画す逸品になっております。

まあ、ここまで何串食べたのでしょうか???

そしてコースの〆はこのお店のもう一つの看板の
そぼろ丼です。

これは大盛りなので、特別?にうずらの卵が二つ乗せです。

そしてこの鶏ガラスープが素晴らしく美味しくて

多分、これでラーメン食べたら最高の鳥ガラスープの

ラーメンになるのでは?

って個人的には思っていますが、焼鳥屋さんに

それを求めるのもアレですね…。

いや~~~…
もう完全に鳥肉を堪能できる内容でした。

此処、ただ野さんは特に銘柄の鳥を使用しているわけでは
有りませんが、朝〆の鳥を、お店でさばいて串に
刺していますので、仕込みの量はかなりの時間と
労力らしく、その丁寧な仕事が美味しい焼鳥になっている
四谷の老舗の繁盛店です。

来年の8月にはついに30周年を迎える、入れ替わりの
激しい四谷地区でも、老舗と言っても過言ではない
焼鳥の名店です。

まあ、ボクも食べログにはアップしないですが、ブログには
アップしますよ!?

だってこのサイトってほとんどお客さんが来ないですから
そういう意味で考えると、特に問題はないでしょうからね。

今日は四谷の焼鳥の名店の『ただ野』さんでの
お食事のご紹介でした。

注意
※もしもこの記事を読んでからただ野さんに行かれる
場合は電話での予約をお勧めいたします。
飛び込みで行くと、かなりの割合で入れないことも
多いですから。
ボクの友達を連れて行った後に、その友達が3回行って
3回とも入れなかったぐらいに隠れた人気のお店ですので。

一応食べログ情報に電話番号は載っていますが、下記にも
掲載しておきますね。

四谷・鳥料理・ただ野・03-3353-2279

にほんブログ村

アラフィフ日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。